Googleは昨年からSymantecが発行した証明書を段階的に使用できなくすると発表していました。使用できない証明書をそのまま使い続けているとGoogle Chromeで正常にアクセスできない状態になります。条件によりますが、2018年3月15日からそのような状況が発生する可能性がありますので、サイト管理者の方は自分のサイトが使っている証明書が、問題のない証明書かどうか最終確認しておいたほうが良いでしょう。
問題のある証明書の場合はすぐに再発行手続きを取る必要があるため、再発行手続きの手順を説明します。

問題のない証明書かどうか確認する

今回問題となる証明書の条件は以下のとおりです。

Symantec(シマンテック)が発行している証明書であること

Symantecは「Thawte」、「VeriSign」、「Equifax」、「GeoTrust」、「RapidSSL」と言ったブランドでも証明書を発行しているので、これらの証明書も問題となる証明書の範疇です。
Symantec系以外の証明書の場合は問題ありません。

2016年6月1日より前に発行された証明書

Google Chromeのバージョン66から使用できない状態になります。Googleはバージョン66のベータ版を2018年3月18日、安定版を2018年4月17日にリリースする予定と発表していますので、遅くとも2018年3月18日までに対策を取る必要があります。

2017年12月1日より前に発行された証明書

Symantecは2017年12月1日にDigiCert社へ証明書事業を売却しました。2017年12月1日以降の証明書はDigiCert社の証明書となりますので問題ありませんが、それ以前のSymantec社の証明書は全てGoogle Chromeのバージョン70から使用できない状態になります。Googleはバージョン70を2018年10月23日の週にリリースする予定と発表していますので、遅くとも2018年10月20日辺りまでに対策を取る必要があります。

問題のない証明書かどうかChromeで確認する

文章で書かれても本当に問題のない証明書かどうか判断がつきにくいかもしれません。問題のない証明書かどうかはGoogle Chromeを使うと非常に簡単にわかります。以下の手順で確認してください。

Google Chromeで対象のサイトを閲覧する

証明書を確認したいHTTPSサイトにChromeでアクセスしてください。
httpsのアドレスにアクセス

F12キーを押してDevToolsを開く

対象のサイトをChromeで開いた状態でファンクションキーのF12を押します。するとDevToolsが開きます。下記スクリーンショットの右半分がDevToolsになります。
devtoolsを開く

DevToolsのconsoleを開く

consoleが開いていない場合は、メニューから「Show console drawer」をクリックしてconsoleを開きます。
consoleを開く

下記スクリーンショットで言うと右下部分がconsoleになります。
すでにconsoleが開いている場合はこの操作は不要です。
console確認

consoleに表示されているメッセージを確認

consoleに以下のメッセージが表示されていたら、「問題のある証明書」です。XXの箇所はサイトによって変わります。

The SSL certificate used to load resources from https://XXX will be distrusted in MXX. Once distrusted, users will be prevented from loading these resources. See https://g.co/chrome/symantecpkicerts for more information.

MXXの箇所がM66の場合はバージョン66で使用できなくなります。2018年3月18日までに対策が必要です。
MXXの箇所がM70の場合はバージョン70で使用できなくなります。2018年10月20日辺りまでに対策が必要です。

問題のある証明書の場合、どうするべきか

問題のある証明書の場合、証明書を再発行するか、別のブランドで証明書を取り直すかする必要があります。この時、証明書を発行するためにCSRの作成や、証明書の発行依頼、証明書の設置の作業をする必要があります。こちらでCSRの作成手順を説明していますので、参考にしてください。

証明書を再発行する

再発行は無料で行っているブランドが多いので、証明書の有効期限が多く残っている場合は再発行した方が費用面でもお得なことが多いでしょう。証明書のブランドサイトで再発行の方法を確認してください。ここではRapidSSLの再発行方法を簡単に説明するに留めます。

RapidSSLの証明書再発行の手順

証明書の種類、申請方法によって手順が異なります。あくまで私のところで行った再発行の一例と捉えてください。

下記URLにアクセスします。
https://products.geotrust.com/orders/orderinformation/authentication.do

「Fully qualified domain name or common name:」に対象となるサイトのドメインを入力します。
「Email address:」にメールアドレスを入力します。
「Image number:」に下に表示されている数字を入力します。
Continueボタンをクリックします。

ログインできたら、「Request Access」ボタンをクリックします。この時、何度も更新している証明書の場合古い証明書のデータも表示されるため「Request Access」ボタンが複数表示されますが、普通更新する証明書は最新の証明書に対して更新するはずですので、日付が最も新しい証明書の「Request Access」ボタンをクリックします。

次のようなメールが届きます。XXXの箇所はその時々によって変わります。

メール文中の「To continue, please visit」以下のURLにアクセスします。

ページ左側メニューの「View Certificate Infomation」をクリックします。

再発行する証明書の種類を選び、CSRを入力します。
証明書再発行のチェックを入れて、「Submit」ボタンをクリックします。

次のようなメールが届きます。XXXの箇所はその時々によって変わります。

メール文中の「https://dcv.rapidssl.com/link/domain-control-validation/?t=XXX」にアクセスします。

内容を確認し、「承認する」のボタンをクリックします。

証明書がメールで届きます。

2018年3月までにすること

サイト運営社はサーバ管理者に証明書の最終確認を依頼してください。
サーバ管理者は証明書の最終確認をしましょう。
iNet Solutionsで管理しているサーバに関しては、全ての証明書を確認済みです。ご自分で確認できない方や自信のない方はiNet Solutionsにご依頼ください。