オープンソースのブログソフトウェアでCMSとしてもよく使われるWordPressのインストールの方法を解説します。
インストールの方法は公式ドキュメントにもありますので、そちらも参考にしながら進めると良いと思います。

WordPressをダウンロードする

WordPress日本語公式サイトから本体をダウンロードします。「WordPress X.X をダウンロード」ボタンをクリックするとファイルをダウンロードできます。
WordPressをダウンロード

ダウンロードしたファイルを展開する

ダウンドードしたzipファイルを展開します。展開すると下のようなディレクトリ構成になっています。

wordpress/
 ├ wp-admin/
 ├ wp-content/
 ├ wo-includes/
 ├ index.php
 ├ license.txt
 │…
 └ xmlrpc.php

データをサーバにアップロードする

展開したデータをFTP等を使用してサーバにアップロードします。転送速度によってはだいぶ時間がかかります。
仮に/home/ディレクトリにデータをアップしたとすると、下のようなディレクトリ構成になっていると思います。このディレクトリ構成になっている仮定で以下の解説を続けます。ディレクトリは自分の環境に合わせて読み替えてください。

/home/
 └wordpress/
  ├ wp-admin/
  ├ wp-content/
  ├ wo-includes/
  ├ index.php
  ├ license.txt
  │…
  └ xmlrpc.php

データベースを作成する

サーバにWordPress用のデータベースを作成します。サーバによってデータベースの作成方法は異なります。作成方法がわからない場合はサーバ管理者に問い合わせると良いと思います。
作成したデータベース名、データベースにアクセスするためのユーザ名とパスワードが後の作業で必要になりますのでメモしておきます。

設定ファイルを変更する

wordpressディレクトリ直下のwp-config-sample.phpwp-config.phpにリネームします。
wp-config.phpの内容を変更します。

28行目のdatabase_name_hereを前の手順で作成したデータベースのデータベース名に置き換えます。
31行目のusername_hereはデータベースのユーザ名を指定します。
34行目のpassword_hereはデータベースのユーザのパスワードを指定します。

また、55行目から62行目まではランダムなキーを指定する必要があります。
オンラインジェネレータにアクセスして表示されたコードを55行目から62行目に貼り付けるとよいでしょう。
修正したwp-config.phpをサーバにアップロードします。

インストールスクリプトを実行する

ブラウザでwp-admin/install.phpにアクセスします。

WordPressのインストール

必要情報を入力して「WordPressをインストール」ボタンをクリックします。
サイトのタイトルやメールアドレスは後から修正できますが、ユーザー名、パスワードはこのアカウントが初期ユーザになるので、入力した内容をメモするなどして覚えておく必要があります。

WordPressのインストール完了

インストールは完了です。
「ログイン」ボタンをクリックするとログイン画面になりログインするとWordPressが使用できます。